☆ 101才の叔母が・・・

今は亡き母と双子だった静岡に住む叔母が、101才の天寿を全うしたと
連絡が入った。

全夫は戦死、後になおったその弟さんも50才を過ぎたころに病死。
女手ひとつで6人の子供を育てるも、三男は大学を卒業後まもなく病死。
苦労の連続ではあったが、幸せな人生だったと想いたい。

ひと月ほど前 横浜の従姉妹から、伊豆のおばさん(皆、そう呼んでいた)が
入院したっていうけど!と、私の所にも連絡があったかとの問い合わせが。

叔母の実家であった横浜の家にだけ知らせがあったようだが
歳も歳なので残された時間は少ないだろうと思いながら、遠方なのを言い訳に
お見舞いもサボっていたが、一昨日(15日)の朝方に叔母が亡くなった
夢をみた。

ということは、正夢だったということか。
ちょっとだけ霊感のようなものがあるからか、それとも私のところへ
お別れに来てくれたのだろうか?

親が無責任に命名したのだと、本人たちはとても嫌がっていた名前だが
お互いを「つるちゃん」「かめちゃん」と呼び合い仲が良かった。
10年ぶりに姉(母)と再開し、つもる話で楽しく過ごせるといいな。




12日は眼科へ。
ひょんな事から眼科へ行くことになり、視野検査などうけることに。
そしたら、なんとまぁ〜!緑内障が始まっているとのこと。
今はまだ視力にも影響していないが、右目だけ毎日1回の点眼薬を
続けるはめになった。ヒェ〜〜〜!!

14日は堤防ボランティアのご苦労さん会。
手術以来 欠席しているので!と遠慮したが、元気になった顔を見せに
来てほしいとのお誘いにのって、呑み・喰い・唄うという毎度おなじみの
楽しいひと時を満喫。
ボラは暖かくなってから、みんなの傍で喋ってるだけで良し!だそう(笑)

15日は友人の水彩画展へ。
絵心のない身なれど、鑑賞するのは好き。

16日はスロージョギングサークルへ。
河津桜は終わったけれど、染井吉野の開花まではもう少しの親水公園。
メンバーさんたちが3周するところを2周して終了。

帰宅途中で寄ったスーパーで娘くんと遭遇。
雨が降り出していたのでラッキー。家まで送ってもらった。
来てるかな?の勘がはたらく娘くんも凄い!!

[PR]
by fuchan_k | 2018-03-16 22:42 | つぶやき

♪思い付いた事を気ままに綴る日記です♪


by ふうちゃん