カテゴリ:旅行( 90 )

☆ 今日で御終い・・・

3日目もまた、7:30にホテルを出発して、まずは一番札所の霊山寺へ。

c0149195_2224753.jpg

c0149195_2241536.jpg


鳴門公園から・・・潮目が悪くて小さな渦潮にしかお目にかかれなかった。
c0149195_2273622.jpg


待望の大塚国際美術館へ
HPから拝借
c0149195_22111713.jpg


バチカンの礼拝堂で見たものと瓜二つ。
c0149195_22255769.jpg


世界の名画が一堂に!といっても陶版なので、手を触れる・撮影するなどしても
一切のお咎めはなく、心行くまで鑑賞できる。
たった3時間では何を見たのやら?で、じっくり見るには2日はかかるかも。
c0149195_22283232.jpg

c0149195_22293753.jpg

c0149195_22333530.jpg


モネの睡蓮を模した庭まで
c0149195_2231941.jpg


屋島へ
c0149195_2237738.jpg

c0149195_22403547.jpg

c0149195_22414410.jpg

c0149195_22435780.jpg


これで全ての観光を終了。
行く先々でも車窓でも、やさしい色に紅葉した木々にいやされた。
通った橋は、明石海峡大橋・大鳴門橋・瀬戸大橋。

桜の頃に行くはずだった姫路城も、急遽の予定変更で訪ねることになったが
大天守にも待つことなく上れて、これはこれで良かった。

30日の21時すぎに帰宅。
ご馳走三昧から解放(笑)されて、また平凡な日常が始まった。
野菜たっぷりの鍋物に舌鼓をうっている。やっぱり美味しい!と言いながら。

今年のカレンダーもあと1枚を残すのみとなり、小掃除でもしなければとは
思うものの、なんやかやと出歩く予定が入っている。ま いっか!!
[PR]
by fuchan_k | 2016-12-02 23:14 | 旅行
新横浜11:09発の[のぞみ]に途中乗車で始まった中国・四国への旅。
メンバーは、春の奈良旅の時と同じ4人。

自分はもとより、連れ合いが元気でいてくれるからこそ出かけられるのよね〜!
感謝しなきゃね!などと、食べて喋っているうちに岡山駅に到着。

総勢46名(@@;)の旅慣れたツアー客は、添乗員さんの手を煩わせることもなく
バスに乗り込み観光へと出発。

1日目・・・大原美術館・倉敷美観地区
2日目・・・鷲羽山公園・岡山城・姫路城・あわじ花さじき
3日目・・・霊山寺・鳴門公園・大塚国際美術館・屋島

[1日目]
c0149195_21231721.jpg

c0149195_21243020.jpg

c0149195_21245920.jpg


☆ 2日目・・・
[PR]
by fuchan_k | 2016-12-01 22:16 | 旅行
そんな声が聞こえてきそうだけど、3日目の吉野山を。

桜なんて何処も一緒!と言ってしまえばそれきりだけど
一度は行ってみたかった所。

天気も良くなり、まさに花見びより。
朝一に行っただけあって、まあまあの人出。
c0149195_12413167.jpg


まずは、下千本
c0149195_1243820.jpg


金峰山寺(蔵王堂)の見学から

仁王門は、平成31年から修復工事着工予定とのこと。
c0149195_1245079.jpg


ネット越しの仁王様
c0149195_12455523.jpg


c0149195_12463114.jpg


蔵王堂
正面5間 側面6間 高さ34m桧皮葺きの、東大寺仏殿に次ぐ木造建築で
蔵王権現像(重文)3体がまつられ、本尊は高さ7mにも及ぶ。
c0149195_12505652.jpg


桜に映える、妙宝殿三重の塔
c0149195_12543561.jpg


歩けあるけで中千本あたりへ
見渡すかぎり、さくら さくら
c0149195_12572449.jpg


c0149195_1311112.jpg

c0149195_13155448.jpg

この頃になると、下からバスが続々と来て大混雑。
中千本あたりまでにしておいて!と言われていたが、少し上った所から奥千本行きの
シャトルバスが出ていることがわかり、せっかくだから1人で行くというと
心配性の友人が付き合ってくれることに。

若い女性係員さんから、「下りは40分で歩けますよ〜!」の声。
は〜い了解〜!で、4台でピストン輸送のマイクロバス(満員)に。
どんどん狭くなる林道を走ること20分。

奥の院・金峰(きんぷ)神社・・・吉野山の地主神
大急ぎでお参り。写真を撮り忘れたので、ネットから拝借。^^*
c0149195_14344415.jpg

上・奥千本は咲いていないと聞いていたが、行った証拠に。
c0149195_14392251.jpg


c0149195_1448624.jpg

下りはスロージョギングで!とはいかないまでも、2人して地図を片手に
林道をスタコラサッサ!

水分(みまくり)神社。
寄る?(友人) 寄らない!(私)
 時間が心配で手だけ合わせてスルー。^^;
c0149195_14582990.jpg

途中から眺めた景色
c0149195_1534197.jpg

遠くに蔵王堂の姿も
c0149195_1531979.jpg


朝の静けさとは一変。上へ上へと押し寄せてくる人波を
かき分けながら駐車場をめざして一心不乱。間に合った〜!

奥の院まで行って来ました!に、添乗員さんとバスガイドさんは
すご〜い!と言いつつ、実は呆れていたのかも。

私のわがままに付き合ってくれたFさん。
お土産屋さんをのぞく時間もなくてゴメンナサイ!。

滞在時間は4時間だったが、これではとても足りなかった。
今度は紅葉の時期にきて、ゆっくりとあちこち巡りたい。
願望で終わりそうなのは明白だけど。

☆ 午後は長谷寺へ・・・
[PR]
by fuchan_k | 2016-04-13 16:12 | 旅行 | Comments(12)
2泊目(4/4)の宿は、橿原ロイヤルホテル。
このお宿の8階には、お昼ごろまで天皇皇后両陛下が滞在しておられたとのこと。
一般の泊まり客も普通に居たらしいが、外国の方たちはお断りだったとか。
c0149195_20452670.jpg

c0149195_2152668.jpg



夕食まで少し時間があったので、徒歩圏内にある橿原神宮を見学に。
c0149195_2058799.jpg


c0149195_20473629.jpg

c0149195_20493952.jpg


c0149195_20502587.jpg


後になって分かったことだが、↑の写真の中庭?に置かれている資材は
[神武天皇2600年大祭]の名残だったらしい。

閉門時間は午後6時・・・神官さんが手際よく閉めておられた。
c0149195_2051948.jpg


c0149195_20543046.jpg


橿原神宮前駅
この駅まで列車で来られ、ここから車で移動された由、警備も相当なものだったかな?
c0149195_21213486.jpg


☆ 夕食・・・
[PR]
by fuchan_k | 2016-04-12 21:27 | 旅行 | Comments(12)

☆ 雨もまた良し・・・

今回のツアー、朝一に宿を出発し、空いているうちに観光するという企画なので
朝が遅い毎日をおくっている身には少々つらいものだった。

メンバー4人のうちのお2人さんは、温泉大好きさん。
午前様の1歩手前までしゃべっていたのに、あっという間に寝息をたて
早朝5時まえにはむっくり起きてお風呂へ。

毎度のことながら、そのタフさには驚くばかり。@@;
ということで、2日目は7:00から朝食・7:45出発。

向かうは、熊野本宮大社と大斎原(いにしえの本宮の地)
c0149195_15444507.jpg

c0149195_15453678.jpg

c0149195_15461827.jpg

c0149195_15465915.jpg


本宮さんから徒歩で移動すること5分 [大斎原]
c0149195_15522274.jpg

c0149195_15540820.jpg

c0149195_15542811.jpg

c0149195_15544864.jpg


川の熊野古道を船で遊覧
さながら、日本のフィヨルドといった感ありだった。
c0149195_093722.jpg


c0149195_0115185.jpg


c0149195_0123740.jpg


☆ 午後は高野山へ・・・
[PR]
by fuchan_k | 2016-04-09 17:05 | 旅行 | Comments(12)

☆ 友人たちと・・・

桜の咲くころになったら、化粧直しの終わった姫路城に行こうと
ずいぶん前から4人で下話しができていたのに、本番の話し合いになったら
高野山にも行ってみたいと言い出す人あり。@@;

姫路城にはいずれ行くことにして、行き先変更で衆議一決。
c0149195_20382318.jpg
グリーン車なれど、各駅停車の新幹線(こだま)に途中乗車で小田原から。
乗降口で待ち構えていたベテラン添乗員さんが、開口一番「あ〜良かった〜!」
小田原乗車で申し込んだのに、受付担当者のミス?で、東京になっていたらしい。

何はともあれ、東京と新横浜からの先客さんたちに合流。
若い女性も何人かはいたが、殆どが中高年のご夫婦と私のようなオバちゃんたち。
総勢を聞いてびっくり〜!45名の大集団だった。

名古屋駅11時15分着で、駅前から観光バス(知多バス)に乗り込み出発。
京都からのほうが良いと思うが、距離=料金なのかな?。

近畿地方の方々にはお馴染み?の、本郷の滝桜と称される又兵衛桜の鑑賞へ。
本郷地区には、戦国武将として活躍した後藤又兵衛がこの地へ落ちのび
僧侶となり一生を終えたという伝説が残っており、この枝垂れ桜が後藤家の
屋敷跡にあることから、又兵衛桜として親しまれているとのこと。

一説には、樹齢300年・幹周約3m・高さ約13m
c0149195_21272320.jpg
c0149195_21280536.jpg
駐車場からの沿道には、地元の人たちによる様々な出店があって
それらを覗きながらの往復も楽しかった。











☆ 恐いもの見たさに・・・
[PR]
by fuchan_k | 2016-04-07 22:29 | 旅行 | Comments(14)

最終日の続き・・・

バチカン市国の見学を終えて、バスで移動がてらコロッセオは車窓から。
c0149195_17585582.jpg
その昔、剣闘士を生業にしていた人たちの子孫は、今では観光客の写真モデルとして
生計をたてているらしい。うっかりカメラを向けたら、料金はいくらなんだろう。
c0149195_21444839.jpg
そんなことを考えながら、向かった先はスペイン階段。

その前にスペイン大使館
c0149195_21504165.jpg
事前に聞かされていたので、驚くこともなかったが見事に工事中。
フェンスの間にカメラを入れて、取りあえず足跡だけ。
c0149195_21494492.jpg
てな訳で、階段前の噴水には大勢の人が
c0149195_21534303.jpg
落語家の◯瓶さんが、スペイン階段に腰掛けて何とか言っていたコマーシャル
あれは、貸し切りにして撮影したのかしら?なんていらんこと考えながら
トレビの泉へ移動。こちらもトンテンカン♪でフェンスの中。

コインは投げ込まないようにとのご注意。人の数だけは凄かった
c0149195_22024279.jpg
c0149195_22033893.jpg
後ろ向きにコインを投げると!なんてのは夢物語に終わり、次は買い物旅行を
兼ねている人たちのために、◯越デパートへ。
特に買いたい物はないので、ブラブラと店内を散策。

北欧で見た時に、欲しいな〜!と思いながら、物価高な国のため手が出せなかった
オリーブの木のカッティングボード。13ユーロだったので自分用のお土産に。
帰ってきてから、扱っている雑貨店で見たら、3800円もしていた。
c0149195_22124515.jpg
すべての観光を終了して、イタリアで最後の夜をすごすホテルへと向かう
c0149195_22183088.jpg





☆ その他・・・
[PR]
by fuchan_k | 2015-11-07 23:24 | 旅行 | Comments(16)
世界遺産[オルチャ渓谷]の美しい丘陵地帯を通ります。という触れ込みをとっても楽しみにしていたのに、8:00出発と早い時間だったからか、残念ながら深〜い霧。良い天気の日には、往々にして霧が出るとのこと。
c0149195_21242776.jpg
c0149195_21281041.jpg
c0149195_21271381.jpg
古い町並みも、霧にかすんで
c0149195_21322707.jpg
c0149195_21314510.jpg
ようやく視界がひらけて
c0149195_21350740.jpg
c0149195_21353197.jpg
糸杉に囲まれた農家かな?
c0149195_21360022.jpg
c0149195_21370229.jpg
c0149195_21372841.jpg
c0149195_21400856.jpg
c0149195_21410724.jpg
c0149195_21413813.jpg


☆ とうとうローマに・・・
[PR]
by fuchan_k | 2015-11-06 22:42 | 旅行 | Comments(10)
美しい塔の街サンジミニャーノは、この街の中世封建時代 支配階級の家々は自らの富と力の象徴としてたくさんの塔を建てたとのこと。
c0149195_20464354.jpg
c0149195_20472299.jpg
c0149195_20473942.jpg
c0149195_20480655.jpg
塔の上からながめた街の風景
c0149195_20524281.jpg
c0149195_20510621.jpg
サンジミニャーノの散策を終えて、今夜の宿へ向かう車内から見た塔の街
c0149195_21062123.jpg
着いた所は、トスカーナの丘陵地帯に位置する邸宅風ホテル
c0149195_21035687.jpg
c0149195_21043003.jpg


☆ 邸宅風でも・・・
[PR]
by fuchan_k | 2015-11-04 21:31 | 旅行
国内旅行だったらあり得ない、6:15モーニングコール・7:00~朝食
8:15出発で、今日の観光がスタート。
ちょっぴり寝不足だけど、まだまだ大丈夫。

まずは、フィレンツェの街が見渡せる丘、ミケランジェロ広場へ。
早朝なので、賑やかなお国の人たちと遭遇することもなくホッ!
それでも、何処に行っても「ニーハオ!」と声がかかるので
見た目では、なんの変わりもないのだろうか。
c0149195_22020238.jpg
c0149195_22022038.jpg
c0149195_22033049.jpg
c0149195_22040918.jpg
c0149195_22045019.jpg
フィレンツェといえば、必ず出てくるこの景色。
街歩きだけでは到底 味わうことはできない。
目の当たりにした時には、みな一様に歓声をあげていた。

もしも、また来ることが出来るなら、フィレンツェにはもう少し居たい。
古い建造物などを修理しながら使っているので、工事中も多かったけど。
    〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

次は、1時間半ほどバスにゆられて、世界遺産・古都シエナの観光へ。
バスを降りてしばらく進んだ所に、日本女性のガイドさんが待っていた。
c0149195_22263286.jpg
c0149195_22265119.jpg
c0149195_22273853.jpg
イタリアンゴシックの代表作と称される、シエナ大聖堂(ドゥオモ)
c0149195_22283466.jpg
c0149195_22285585.jpg
c0149195_22310139.jpg
ここからは徒歩で、イタリアでもっとも美しいといわれるカンポ広場へ。
その道すがら、土産物店のウインドーを指して、名物のお菓子の説明。
c0149195_22334875.jpg
c0149195_22361026.jpg
この広場では毎年、7月と8月に昔ながらの競馬(裸馬による)が行われるとか。
そんな時に行くのは無理だろうが、ちょっと見てみたい気になった。
c0149195_22363298.jpg







☆ シエナからサンジミニャーノへ・・・
[PR]
by fuchan_k | 2015-11-01 23:04 | 旅行

♪思い付いた事を気ままに綴る日記です♪


by ふうちゃん